高級会員制倶楽部 平家物語

我が領地によくぞ来た。領主の徳盛である。親族には大盛、盛盛、メガ盛もいる。なお、我が国は鎖国しているので、相互リンクなどはお断りじゃ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Memorial

IMG_0530 (640x480)

島に上陸じゃ。

IMG_0532 (640x480)

この舟でやって来た。というのは嘘じゃ。

IMG_0528 (640x480)

遠くに関門橋が望める此処は下関市舟島。巌流島という方がわかりやすいかのう。
今年は、この島で宮本武蔵と佐々木小次郎が決闘してから400年というメモリアルイヤーじゃ。

IMG_0529 (640x480)

この銅像、武蔵の方は大河ドラマで武蔵を演じた市川海老蔵がモデルとか。
この島で決闘したのは、実はこの二人だけではない。
アントニオ猪木とマサ斉藤もここで決闘しておる。

決闘はしておらぬが幕末には吉田松陰、それに坂本龍馬と妻のお龍も此処に来たとか。
記念すべき400周年ということで、観光スポットとして盛り上げようと地元ではイベント等を企画しておるが、
残念ながら盛り上がっておらぬの。
以前は門司港から出ていた巌流島行きの渡船は乗客減少により休航。島に渡るには下関から船に乗らねばならぬ。
先頃、地元の団体が巌流島ツアーを企画したものの、最小催行人員に達せずに中止。
寂しいメモリアルイヤーじゃ。
スポンサーサイト
  1. 2012/10/02(火) 10:01:17|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:5

修行

大分県宇佐市院内町大門、龍岩寺を訪れた。
静かな山里で、電線がなかったら江戸時代とそんなに変わっていないのではないかと思われる所じゃ。
石段を上ると入り口、そこで拝観料を払うが、実はそこからが始まりじゃ。
そこから山道を200メートル程、昇らねばならぬ。

予は殿様じゃから金も暇もあり余っておるので、何とも思わぬが、庶民にとっては金を払って山歩きということで修行かと思う者もおるかもしれぬの。

IMG_0523 (640x480)
着いた。

この中には国宝である木彫りの仏像が三体。
予は殿様じゃから十分に幸せなので、領国と領民の幸せを祈願しておいた。

おっと、それだけではなく日本国自体の平穏も祈願せねばならぬの。

日本がどこからも侵略を受けずに安泰でいられますように。
  1. 2012/08/22(水) 16:13:32|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

猛威

以前に訪れた所に再び、足を向けてみた。

IMG_0515 (640x480)

ここは耶馬溪。青の洞門の中から対岸を覗いてみたが、川向こうの草木がなぎ倒されておる。
先日、この周辺は豪雨により目の前の川が増水し、大きな水害。
自然の猛威の爪痕じゃ。

IMG_0511 (640x480)

青の洞門を掘った禅海和尚の銅像も水害で傾いて、両腕が取れて無残な姿。

IMG_0524 (640x480)
以前、立ち寄った土産物屋もこの有様。
自然の猛威を目の当たりにした。
  1. 2012/08/15(水) 22:04:50|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

トシサマ

IMG_1859 (640x427)

東京都日野市の土方家。ここは新選組副長、土方歳三の子孫のお宅じゃ。
週に一回程、資料館として開放しておられる。
正確には歳三の兄の子孫に当たられる。

IMG_1857 (427x640)
幼少から武士に憧れていた歳三が植えたもので、矢にするための竹じゃ。

子孫の方々のご好意で、こうして庭にある矢竹だけではなく、貴重な遺品をも公開してくださっておることに感謝せねばならぬの。

しかし、残念なことに写真撮影はご遠慮下さいと言っておられるのに、フラッシュを焚いている馬鹿者がおった。
人の話を聞かぬ阿呆には困ったものじゃ。
日本人の劣化を見る思いじゃった。
  1. 2012/08/10(金) 19:15:40|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:5

二つの胴体

JR板橋駅前という超わかりやすい所に、有名人の墓。
IMG_1862 (640x427)
近藤勇の墓所じゃ。

新選組の局長だったが、流山で官軍を称した薩長軍に出頭。
板橋宿に預けられた。

当時、土佐者の間には坂本龍馬暗殺は新選組の仕業という話が広がっており、それを命じたのは近藤に違いないとして、処刑を主張。
長州の者達にとっても、新選組は池田屋事件で同胞を殺した連中。
恨みを晴らすはこの時とばかりに、近藤は斬首となった。

その首は京都に送られて、三条河原にさらされたが、胴体は処刑場に埋められた。

その後、明治になってから新選組の生き残りである永倉新八の奔走により、この地に墓碑が建立。


しかし、実は近藤の胴体が埋められたという墓は三鷹の龍源寺にもある。

近藤勇には胴体が二つあったのか??

龍源寺の墓は処刑後、密かに遺族が掘り出して改装したと言われておる。
実は近藤が処刑された時、同時に処刑された罪人がいた。もしかしたら取り違えもあったかもしれぬの。

近藤の首の行方ははっきりせず、胴体もどちらに埋まっているのか?
敗者はまともに葬られることも許されぬ。寂しい話じゃ。

IMG_1863 (427x640)

近藤の銅像もあったが、よく見ると脇差の柄が折られておった。
誰かが故意にやったのだとしたら、残念じゃ。
  1. 2012/07/27(金) 14:28:34|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4
次のページ

プロフィール

平徳盛

Author:平徳盛
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
旅 (29)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。