高級会員制倶楽部 平家物語

我が領地によくぞ来た。領主の徳盛である。親族には大盛、盛盛、メガ盛もいる。なお、我が国は鎖国しているので、相互リンクなどはお断りじゃ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

二つの胴体

JR板橋駅前という超わかりやすい所に、有名人の墓。
IMG_1862 (640x427)
近藤勇の墓所じゃ。

新選組の局長だったが、流山で官軍を称した薩長軍に出頭。
板橋宿に預けられた。

当時、土佐者の間には坂本龍馬暗殺は新選組の仕業という話が広がっており、それを命じたのは近藤に違いないとして、処刑を主張。
長州の者達にとっても、新選組は池田屋事件で同胞を殺した連中。
恨みを晴らすはこの時とばかりに、近藤は斬首となった。

その首は京都に送られて、三条河原にさらされたが、胴体は処刑場に埋められた。

その後、明治になってから新選組の生き残りである永倉新八の奔走により、この地に墓碑が建立。


しかし、実は近藤の胴体が埋められたという墓は三鷹の龍源寺にもある。

近藤勇には胴体が二つあったのか??

龍源寺の墓は処刑後、密かに遺族が掘り出して改装したと言われておる。
実は近藤が処刑された時、同時に処刑された罪人がいた。もしかしたら取り違えもあったかもしれぬの。

近藤の首の行方ははっきりせず、胴体もどちらに埋まっているのか?
敗者はまともに葬られることも許されぬ。寂しい話じゃ。

IMG_1863 (427x640)

近藤の銅像もあったが、よく見ると脇差の柄が折られておった。
誰かが故意にやったのだとしたら、残念じゃ。
スポンサーサイト
  1. 2012/07/27(金) 14:28:34|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4
<<トシサマ | ホーム | 女神たち>>

コメント

悪戯困ったものですね(--;)
私達の街にも心ない人々が増えたような気がします。
残念ですが私達団塊の世代が躾や教育を誤ったのだと感じています。
  1. 2012/07/28(土) 08:09:07 |
  2. URL |
  3. かごしま #Ic2Ckdxw
  4. [ 編集 ]

何かが飛んで来て折れたもの、と信じたいですね
遺恨はいろいろとあろうものの、長い間を恨むことのほうが
人間は不幸な気がします

  1. 2012/07/30(月) 21:12:22 |
  2. URL |
  3. FREUDE #6AWUBD.o
  4. [ 編集 ]

こんにちは!
近藤勇の墓が二つあり、そこに埋められたという胴体も近藤勇のものかわからないとあっては
ちょっと複雑ですね。
古代から歴史は勝者がつくるものですから それこそ歴史はふたつあると考えるべきなのでしょうね。

「永倉新八の奔走により、近藤勇の墓碑が建立」されたそうですが、
生き残った永倉新八の使命は「新撰組」のまちがったイメージを変えることもあったのでしょうね。
勝者によって新撰組の志は打ち消され、ただの「人殺し集団」とされかねないですからね。
  1. 2012/07/31(火) 16:26:42 |
  2. URL |
  3. 生駒の風 #1KlUcQQo
  4. [ 編集 ]

一緒に処刑された人がいるとなると、取り違え説もありそうですね。
頭が行方不明だと、体だけに祈りを捧げても成仏できない気もします。
立ち姿の近藤氏、なんだかとっても小柄な人に見えますね。
  1. 2012/08/06(月) 08:30:58 |
  2. URL |
  3. タヌ子 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://taira10.blog.fc2.com/tb.php/25-4ddce569
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

平徳盛

Author:平徳盛
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
旅 (29)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。