高級会員制倶楽部 平家物語

我が領地によくぞ来た。領主の徳盛である。親族には大盛、盛盛、メガ盛もいる。なお、我が国は鎖国しているので、相互リンクなどはお断りじゃ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

山山

群馬県とは山が多い所じゃのう。というよりも、山に囲まれているということか。

IMG_2084 (640x427)
浅間山じゃ。
雪を被った姿は優美であるが、噴煙が上がっていることからもわかるように活火山。
江戸時代、天明年間に噴火した時には噴煙が空を覆い、そのために凶作となり、天明の大飢饉を引き起こした。

浅間山といえば、思い出すのは「あさま山荘事件」
「突入せよ、あさま山荘事件」として映画化された時、前売り券を買ったが、オマケに付いてきたのは鉄球ストラップ。重かった。
事件の現場には、鉄球のモニュメントがあるらしいが、雪のせいもあり、場所がわからず。
いつか、あさま山荘に行ってみたいものじゃ。

この事件、テレビで中継。
なんと視聴率は80%超。
これで、思わぬ恩恵を受けた商品があった。
山荘を包囲した機動隊員達が食べていたのが、カップヌードル。
この中継で一気にメジャー商品に。
広告料を払わずに、すごい宣伝になったものじゃ。

また、事件を起こした連合赤軍は同じく群馬県の榛名山にアジトを持っておった。
そこで起こったのが、凄惨なリンチ殺人。
山ってこわーい。


IMG_2079 (640x427)
なだらかな裾野が広がる赤城山。
「赤城の山も今宵限り」というセリフで知られるのが国定忠治。

ところで、国定忠治って、何をした人?
ヤクザらしいとはわかるのじゃが、貧民救済をしたという話もあるようだが、芝居の中だけのようでもあり、どうもよくわからぬ。

ということで、群馬県逍遥も今宵限りといたそう。
スポンサーサイト
  1. 2012/05/25(金) 20:51:03|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6
<<ヤバイ | ホーム | 私の村はダムの底なの。>>

コメント

殿の上州漫遊も終わりですか。

あさま山荘事件、TVに釘付けでしたネ!
同世代ですが、事件を起こした人たちの思想は今でも理解できません。
  1. 2012/05/26(土) 06:44:21 |
  2. URL |
  3. かごしま #Ic2Ckdxw
  4. [ 編集 ]

昨年は群馬県を通過しただけ、に終わってしまいました
山に囲まれ、関税で保護されたこんにゃくが名産の地ですね

たぶん次回は三日月村へ行ってレポートしてくださることでしょう
あっしには関わりのねえことで、
なんてつれないこと、おっしゃらないでくださいね
  1. 2012/05/26(土) 22:35:13 |
  2. URL |
  3. FREUDE #6AWUBD.o
  4. [ 編集 ]

どんなに面白いドラマも、事件の実況中継の視聴率を超えることは不可能ですね。
今はあさま山荘事件を知ってる人も少なくなりましたね。
カップヌードルってそれで人気が出たんですか!
知りませんでした。
最初は非常食として作られたのかしら。
まさか外国でも買えるようになるなんて、発明者は考えもしなかったでしょうね。
  1. 2012/05/27(日) 08:25:16 |
  2. URL |
  3. タヌ子 #-
  4. [ 編集 ]

私はこの浅間山を、軽井沢から観た事があります。
雄大な感じでその姿に魅せられました^^

あさま山荘事件、当時この事件に携わった警察官たちは、今でもこの事件は終わっていないと考えているそうです。
そりゃそうですよね。仲間が殺されたのに、その犯人は 「超法規的措置」 とやらで釈放されて今も逃亡中なのですから。
  1. 2012/05/28(月) 23:14:17 |
  2. URL |
  3. やまさん #Aa7v36NA
  4. [ 編集 ]

「あさま山荘事件」の放映をくぎ付けになって観ました。
母親まででてきて 犯人に投降を訴えかけたりしたのも これが最後だったのでは?
「連合赤軍」と「オウム」は似ているところがありますね。

雪に覆われた浅間山から煙がでている写真を見ながら 当時の残念な出来事を思い出しました。
赤城山も 群馬県でしたか?
  1. 2012/05/30(水) 22:32:51 |
  2. URL |
  3. 生駒の風 #1KlUcQQo
  4. [ 編集 ]

浅間山の雪山の光景が素敵ですね。
  1. 2012/06/30(土) 09:37:50 |
  2. URL |
  3. トイチ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://taira10.blog.fc2.com/tb.php/10-4f1e0ff6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

平徳盛

Author:平徳盛
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
旅 (29)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。