高級会員制倶楽部 平家物語

我が領地によくぞ来た。領主の徳盛である。親族には大盛、盛盛、メガ盛もいる。なお、我が国は鎖国しているので、相互リンクなどはお断りじゃ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

塚塚

IMG_0452 (480x640)
平清盛像じゃ。
昭和43年に彫刻家、柳原義達により建てられた。

この銅像の隣にある石造の十三重塔。
IMG_0451 (480x640)
清盛塚と呼ばれておる。
鎌倉幕府の執権、北条貞時の建立という。
平家を滅ぼした鎌倉幕府が清盛の墓を建てたというのは奇異に感じるかもしれぬが、実は北条家は平氏。
そればかりではなく、源氏である源頼朝を担いだ坂東武士の多くは平氏の末裔。
同じ平氏である清盛の墓を建てたのも理解出来る。

この塔、元々は現在地ではない所にあったのじゃが、大正12年に市電道路の拡張工事のために移転してきた。
その際の発掘では塔の下からは遺骨も遺品も出なかった。やはりこれも清盛の墓所ではなく、供養塔だったことがはっきりしたのじゃ。

トップページを見ればわかるように、予の正式名称は「平徳盛」愛称は「たいらー」じゃ。
同じ「平」である偉大な先達、清盛の墓所がわからないというのは寂しい気もするのう。

清盛塚の隣には別の塚。
IMG_0454 (480x640)
琵琶塚と呼ばれているが、清盛の弟経盛の長男、経正の墓と言われておる。
経正は琵琶の名手だったとか。

因みに、此処の近くの橋で、こんな物を見た。
IMG_0457 (480x640)
石柱にへばりついたカタツムリ、雨で濡れているので、何となく本物っぽくも見えるのう。
スポンサーサイト
  1. 2012/07/03(火) 20:38:57|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4
<<またも塚 | ホーム | 仏仏>>

コメント

1回パスしてしまいました。
平清盛ほどの人物の墓所がどこかはっきりしないのも不思議です。

話は変わりますが、メリケン国は2日までに「『日本海』と呼ぶのが長年にわたるメリケン国の方針だ」との見解を示し、韓国側の要求を退けたということに、殿がいたくお喜びの様子を思い浮かべております。
  1. 2012/07/04(水) 10:16:51 |
  2. URL |
  3. かごしま #Ic2Ckdxw
  4. [ 編集 ]

石造の十三重塔の石の組み合わせでこんなに高く建てれるのが素晴らしい光景ですね。

平清盛像の銅像も歴史を感じる光景ですね。



  1. 2012/07/04(水) 11:02:21 |
  2. URL |
  3. トイチ #-
  4. [ 編集 ]

かたつむり、本物かと思いました

徳盛様は、ライスも肉も大盛りなのでしょうね
知識は十分に特盛りでいらっしゃることを感じております

800年以上も昔のこと、
なかなか本当の墓などみつからないのでしょうね
  1. 2012/07/04(水) 20:52:41 |
  2. URL |
  3. FREUDE #6AWUBD.o
  4. [ 編集 ]

清盛塚の横に見えるシルエットは最初の写真の清盛公の像ですか?
横から見るとヒッチコックみたいですね(笑)
こんな立派なお腹をされているところを見ると、出家されてからも美味しいものを鱈腹召し上がっていたのでしょうね。
この時代に64歳まで生きたなんて、やっぱり只者じゃない!
  1. 2012/07/05(木) 06:50:07 |
  2. URL |
  3. タヌ子 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://taira10.blog.fc2.com/tb.php/20-5698c041
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

平徳盛

Author:平徳盛
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
旅 (29)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。