高級会員制倶楽部 平家物語

我が領地によくぞ来た。領主の徳盛である。親族には大盛、盛盛、メガ盛もいる。なお、我が国は鎖国しているので、相互リンクなどはお断りじゃ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

またも塚

IMG_0413 (640x480)
北九州市門司区の甲宗八幡神社。
ご祭神は神功皇后であり、御神体は神功皇后の兜。
50年に一度だけ、その兜は公開される。
予は殿様じゃから、拝観したことがあるが、古びた鉄の鉢のようじゃった。
戦国時代の文書なども保存されている由緒ある神社じゃ。

すぐ近くが関門海峡、つまりは平家一門が滅んだ壇ノ浦ということもあり、この神社にもそれにまつわるものがある。


IMG_0412 (640x480)

この矢印の先には柵があり、その先にあるのが、看板に書いてある平知盛の墓じゃ。
知盛は清盛の四男であり、名前の通りに知に長けた武将で源氏の義経と張り合った。
実質的に平家を引っ張っていた人物とも言える。
その最後も天晴れなもので、壇ノ浦の海戦で味方の敗色が決定的になると、碇を体に括りつけて海に飛び込んだ。
決して浮かび上がって来ないようにという自害じゃった。
確実に死ぬためでもあるが、自分の首を取られてさらし首になることを恐れてもいたのではなかろうか。

此処にある墓は昭和28年の水害の時に、近くの山から流されてきたそうな。
ということで、掘り返したとしても何もない、墓というよりも供養塔じゃ。
あっ、知盛の死骸は海の底だから遺骨がある筈もないか。

有名人には墓が多いものじゃが、遺骨がない知盛も実は此処以外にも供養墓がある。
それは何処かというと、おっと、それはまた別の機会じゃ。
スポンサーサイト
  1. 2012/07/06(金) 21:22:29|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:5
<<今と昔の植物 | ホーム | 塚塚>>

コメント

昔の人は潔いですね。
でも、現在でもこうして供養してもらえて知盛氏も海の底で喜んでいることでしょう。
この潔さ、シリアの大統領にも見習って欲しい!
  1. 2012/07/07(土) 07:22:00 |
  2. URL |
  3. タヌ子 #-
  4. [ 編集 ]

神社の風景は良いですね。

そして武将のお墓もあるのが歴史を感じますね。
  1. 2012/07/07(土) 10:11:23 |
  2. URL |
  3. トイチ #-
  4. [ 編集 ]

殿の博学には頭が下がります。
知盛の最後は阿部寛が演じた大河ドラマが記憶に残っています。

小生は神功皇后=天照大神=卑弥呼と思っています。
  1. 2012/07/08(日) 12:47:42 |
  2. URL |
  3. かごしま #Ic2Ckdxw
  4. [ 編集 ]

うーむ・・・ココも前を通りがかったことがあるくらいで、いまだ訪れた事がありません。
まさかココに、義経と張り合った平家の武将の墓があるなんて。
ここも近いうちに訪れてみたいと思います。

それにしても殿!!博学でいらっしゃいますな!!

  1. 2012/07/08(日) 22:17:30 |
  2. URL |
  3. やまさん #Aa7v36NA
  4. [ 編集 ]

死んでしまえば分らないようにも思うのですが
当時の武士は、死んでまで恥を晒すことが屈辱でしょうね
江戸時代も晒し首の制度があるくらいですし…

死なずに生き残る思想が生まれなかったのが、残念です
  1. 2012/07/08(日) 22:23:34 |
  2. URL |
  3. FREUDE #6AWUBD.o
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://taira10.blog.fc2.com/tb.php/21-079e9715
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

平徳盛

Author:平徳盛
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
旅 (29)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。