高級会員制倶楽部 平家物語

我が領地によくぞ来た。領主の徳盛である。親族には大盛、盛盛、メガ盛もいる。なお、我が国は鎖国しているので、相互リンクなどはお断りじゃ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

無敵

ちょっと珍しい神社を見た。

IMG_1895 (640x427)
福岡県宗像市東郷にある摩利支神社。
どういう風に珍しいかというと、此処に祀られている摩利支天とは仏教の天部。
明治以来の日本は神仏分離を原則としておる。それなのに、此処では仏教の神が神社に祀られている。

IMG_1893 (640x427)

もっとも明治以前、江戸時代までは神仏混淆が常識であり、神社に寺があったり、寺と神社が一体化していた場所も多かった。この神社はそうした神仏混淆の形を残している稀有な例かもしれぬ。
ご祭神は正確には摩利支明神こと天之御柱大神。
神であり仏でもあるということ。
多神教の国である日本らしいのう。

IMG_1892 (640x427)

以前、洪水で流されたということもあり、此処の社殿は昭和53年に新築されたものじゃ。

さて摩利支天とは元々はインドの女神であり、陽炎を神格化したと言われておる。
日本では多くの武士達に崇拝された。
陽炎というのは実体がないので、打つことも斬ることも出来ぬ。そうした決して傷つかぬ無敵さを武士達は摩利支天に祈願したのじゃ。

摩利支天を崇拝した武士として思い出すのは山本勘助。
武田信玄の軍師として活躍した者じゃが、勘助は隻眼で片脚が不自由だったというから、摩利支天のような傷つかぬ無敵さは得られなかったということになるのう。
おまけに討ち死にまでしておる。
スポンサーサイト
  1. 2012/07/13(金) 15:28:22|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4
<<女神たち | ホーム | 今と昔の植物>>

コメント

やっぱりインドの神様は日本の武士の加護までは手が回らなかったのでしょう。
神社仏閣も自然災害には勝てないのだから、神も仏も万能な存在ではなさそうです。
  1. 2012/07/14(土) 14:48:20 |
  2. URL |
  3. タヌ子 #-
  4. [ 編集 ]

いろんな神社がありますが
実際には、どのくらいの費用が
設置に必要なのでしょうね

貧しい村にもある神社に、時々
そんなことを考えたりします
  1. 2012/07/14(土) 21:44:06 |
  2. URL |
  3. FREUDE #6AWUBD.o
  4. [ 編集 ]

こんばんは!
京都建仁寺の摩利支尊天さんは魅力的な女神さまですよね。
この女神さまが神社に祀られて摩利支明神さまになられたのですか?
摩利支明神さまも女神さまなのでしょうか?
興味深いです。
  1. 2012/07/16(月) 19:41:16 |
  2. URL |
  3. 生駒の風 #1KlUcQQo
  4. [ 編集 ]

摩利支神社?
いかん・・・地元からそう遠くないのに、この神社知らない^^;
東郷と言えば “東郷公園” な私は、福津市 (旧・宗像郡津屋崎町) 出身です。

>摩利支天
漫画 「孔雀王」 で知った覚えが^^;
>陽炎というのは実体がないので、打つことも斬ることも出来ぬ。
なるほど!!そういうことなのですね!!
  1. 2012/07/18(水) 23:35:10 |
  2. URL |
  3. やまさん #Aa7v36NA
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://taira10.blog.fc2.com/tb.php/23-51cc7e17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

平徳盛

Author:平徳盛
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
旅 (29)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。